屋久島News 「屋久島なう」

ツマベニチョウの幼虫が発見されました!

ツマベニチョウ繁殖保護プロジェクトの一貫として、今年の4月上旬に魚木(ギョボク)の植樹を行いました。ツマベニチョウの幼虫にはカマキリ等の天敵が多いのですが、ギョボクに幼虫が付くことに成功しました。今回、確認されたのは4匹!!

みんな初めは「気持ち悪いー!」と言っていましたが、珍しいツマベニチョウの幼虫ということで観察してみると、「ウニウニしてる」「でら可愛い!!」と興味津々でした。

これから、ツマベニチョウの幼虫はギョボクの葉をモリモリ食べてサナギとなり、美しい蝶へと変身します。
7~8月頃には、屋久島の真っ青な空に、白とオレンジが鮮やかなツマベニチョウが乱舞する光景が見られることでしょう。ぜひ、みなさん見に来て下さいね!!

ツマベニチョウの幼虫

屋久島News 「屋久島なう」一覧のページに戻る