屋久島News 「屋久島なう」

七夕伝説と天の川

天の川に隔てられた織姫と彦星が、七月七日の夜に年に一度だけ会えるという七夕伝説。
織姫はベガという星、彦星はアルタイルという星であり、二つとも夏の代表的な星です。初夏の夜、笹の葉に色とりどりの短冊を吊るして願いを込める年中行事は、とても有名ですね。

屋久島は人工の光が少なく、七夕伝説の舞台となる天の川が綺麗に見える貴重な場所です。特に屋久島おおぞら高校の周囲は民家も少なく、晴天の夜に見上げる夜空は絶景です!
屋久島では七夕の季節以外にも、よく晴れた夜には天の川を見る事が出来ます。屋久島へ来た時は、ぜひ夜空にも注目してみてくださいね!

七夕伝説と天の川

屋久島News 「屋久島なう」一覧のページに戻る