スクーリング履歴

皆さんは屋久島スクーリングにどんな印象を持っていますか?

人それぞれ様々な想い・イメージがあると思いますが、今回はスクーリングを通して心に芽生えた気持ちを書き残す「ふりかえりレポート」から...

最後のスクーリングになりました。60歳になった自分ですが、このスクーリングを受けて本当に良かったと振り返っています。生徒の仲間から「たまちゃん」と声をかけられて、ほっとする自分がいました。声もかけてもらえない心配もありましたので、すごく嬉しく安心しました。3年間のスクーリングを楽しく過ごすことができたのも、その声かけがあったからこそと感謝しております。学校で学んだことは現在進行中の仕事にも大いに役に立っております。実際にビジネス実務の本に書いてあることも利用させていただき、高校の教科書にここまで丁寧に詳しく書いてあるとは思わなかったので、正直驚いております。来年3月に卒業したなら、この経験を生かしてかかわる人のために残りの人生をかけて頑張りたいと思います。楽しいスクーリングをありがとうございました。

高校卒業という同じ志を持った沢山の仲間との出会い屋久島スクーリングでは、年齢や境遇は違えど高校卒業という同じ志を持った沢山の仲間との出会いがあります。その一つひとつの出会いの中で、自ら声をかけたり、夢中になって共に何かに打ち込んだりする体験が、互いにとってこれからの道を進む大きな力となるはずです。この屋久島で、さらに次へ向かう新たな気持ちを皆さんの力で湧き起こしましょう。

スクーリング履歴一覧のページに戻る