スクーリング履歴

屋久島で新茶摘み体験

屋久島はお茶の栽培も有名で、屋久島をドライブしているとお茶畑を目にすることができます。
そんな今回の屋久島スクーリングでは、学校農園センバスビレッジにてお茶摘み体験をしました。新茶を自らの手で摘み、抽出して飲むという普段はあまり経験することができない貴重な体験です。
摘んだそのままの葉っぱを口にした生徒から「にが~い!」という声があがりましたが、このようなことができるのも、センバスビレッジで栽培されている「ゆたか緑」という品種が無農薬に強く、無農薬で育てられているためです。
無農薬ならではの栽培の苦労や、自分たちが普段口にしているものが食卓に並ぶまでの苦労を噛みしめながらお茶摘みを楽しみました。

新茶を自らの手で摘み、抽出して飲むという貴重な体験ができました。

スクーリング履歴一覧のページに戻る