屋久島News 「屋久島なう」

救命救急講習

屋久島おおぞら高校教員全員が、いざという時に適切な判断や処置ができるよう、救命救急講習を受けました。

いつ、どこで、突然の怪我や病気におそわれるか分かりません。そんな中、職場や家庭等でできる手当のことを「応急手当」といい、人の命を救うために、そばに居合わせた人ができる応急手当のことを「救命処置」といいます。

今回は、消防隊員や講師の方をお招きし、実技を交えながら心配蘇生とAEDの使用方法等を講習していただきました。病院に行くまでや救急隊が駆け付けるまでに応急手当をすることで、怪我や病気の悪化を防ぐことができます。

生徒の皆さんが安心して、安全に、屋久島スクーリングに参加できるよう、私たちはいつでも準備万端でお待ちしています!

救命救急講習

【この夏の暑さをしのぐ! みんなができる熱中症対策】
・暑さに負けない体づくり
 → 水分をこまめに! 塩分を程よく! 睡眠環境を快適に! 食事はバランスよく! 適度な運動を!
・日々の中で、暑さに対する工夫
 → 気温と湿度を気にする! 室内を涼しく! 衣服の工夫! 直射日光をさける!
・暑さから身を守るアクション
 → 飲み物を持ち歩く! こまめな休憩・休息を! 熱中症指数のチェック!

屋久島News 「屋久島なう」一覧のページに戻る