高等学校等就学支援金制度について

高等学校等就学支援金制度の趣旨

家庭の状況にかかわらず、高校生等のみなさんが安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、国の費用により、国立・私立高校等の生徒の授業料に充てる高等学校等就学支援金を支給し、家庭の教育費負担を軽減する制度です。卒業後の返済は不要です。

「高等学校等就学支援金」とは...

国がご家庭の教育費負担軽減を目的として、授業料の一部を支援するものです。返済の義務はありません。生徒・保護者に代わって学校が受け取り、授業料に充てることとされています。
ただし、平成26年度より施行されている新制度に該当する場合は、文部科学省の定める保護者(親権者)合算の市区町村民税の所得割額が30万4,200円以上の方は支給されません。(年収910万円程度)
また、所得に応じて加算支給があります。(基本額にプラスされる)

加算2.5倍 所得割額0円(年収250万円未満程度)
加算2倍 所得割額100円~5万1300円未満(年収250~350万円程度)
加算1.5倍 所得割額5万1300円~15万4500円未満(年収350~590万円程度)
  • ※旧制度(平成25年度以前)は加算2倍、加算1.5倍のみで基準の所得割額も異なります
  • ※市区町村民税所得割額は、保護者(親権者)の合算により判断します(年収は目安です)
  • ※日本に居住していない方、過去に高等学校等を卒業した方や一定期間以上在学していた方等は対象となりません

就学支援金のポイント

  • 屋久島おおぞら高等学校の授業料が対象です。(入学金・施設管理費・スクーリング代金は対象外)
  • 本校(通信制)での支給額計算式は、
    (1単位あたり4,812円÷履修期間×登録単位数)×支給対象月数(在籍した月まで)
    支給総額は、履修期間、登録した単位数などで異なります。
  • 一度に対象となる単位数の上限は年度内通算30単位まで、通算単位数上限は74単位です。
  • 対象となる期間:全日制課程で36月、定時制・通信制課程で48月です。
  • ※当校の場合、就学支援金は授業料から予め減額いたします
    (ただし、授業料全額納入後、一部後日返金とする場合があります)

詳しくは当校のフリーコール0120-43-8940までお気軽にお問い合わせください