お知らせ

屋久島おおぞら高等学校が新色にかわりました

みなさん、こんにちは。
9月に入り、朝晩は涼しくなってきましたね。
この時期は、風邪をひきやすいので体調にはじゅうぶんに注意してくださいね!

さて、みなさんはご存知でしょうか?

屋久島はある小説で『1ヵ月に35日雨が降る島...』と表現されるほど、
小さな島のどこかで必ず雨が降っていることを。


だから、屋久島は電力をほぼ100%水力発電でまかなうという、
世界に先駆けたとてもクリーンな島なのです。

そのような環境の中にあるおおぞら高校は、まもなく築10年の全て木で造られた、
やわらかく温かい雰囲気の校舎です。
そんな校舎について、長い間スタッフを悩ませていたことがありました。

それは、まるで滝のような雨が降った折には...、雨漏りが校舎を襲っていたのです。

雨が多い屋久島の、しかも海岸沿いに建つ校舎ですから、
仕方がないのかもしれません。

...とは申しましても、みなさんがストレス少なく生活する環境を作るのが、
我々おおぞら高校のスタッフの役目の一つでもあります。

前書きが長くなりましたが、
おおぞら高校、かわりました!!

屋根!!



夏の間、工事をしていただき、出来上がりましたよ!!

いかがです??
空と同じ色です。
雲ひとつない、抜けるような晴天時...校舎は本当に
空に羽ばたきそう(校舎は鳥をイメージして創られています)な程
きれいな翼を堂々と広げています。

みなさんも、ぜひおおぞら高校で、たくさんの願いがこめられた校舎を見てくださいね!

お知らせ一覧のページに戻る