スクーリング履歴

ウミガメスクーリング

今年度もウミガメ生態調査ボランティアに参加する特別スクーリングが、H26.5.30~6.2にかけて行われました!!

屋久島では年間約1800頭のウミガメが産卵のために上陸します。
今回のスクーリングでは、上陸したウミガメの産卵を観察したり、卵を安全な場所に移す作業を行いました。そして、なんとテトラポットに挟まれて動けなくなったウミガメを救出するという貴重な体験もしました!

ウミガメは産卵の時に目の下にある塩涙線から水分を出し、それは人間の涙とは違うと言われていますが、卵を産み落とすときの必死の息遣いや、とても大事そうに卵に砂をかぶせる姿は、母親としての力強さを感じました。

今回のスクーリングには、3年次の生徒さんが参加してくれました。今後の進路に向けて改めて『自分』を見つめ直すきっかけとなったようです。

ウミガメスクーリング

スクーリング履歴一覧のページに戻る