スクーリング履歴

ふりかえりレポート 「人とのコミュニケーションについて感じたこと」

今回はスクーリングに参加してくれた生徒の振り返りレポートを紹介します。
スクーリングでは、持ち前の明るさや優しさで周りの生徒を元気づけてくれるような生徒でした。楽しいことだけのスクーリングではなかったけれど、人とのコミュニケーションについて感じたことを書いてくれています。


厚木キャンパス H. R. さん

今年のスクーリングは、一年の時とちがい「楽しかったな。」と印象がありました。二日目はチームビルディングがメインの一日でした。男子と二人ペアになってしまったが、リードしてくれたり、話してくれたり、その時間はその方に助けられました。三日目は、自然体験学習で水コースに行き、同じキャンパスの二人と行けてよかったと思います。それに加えて、栃木の男子二人ともたまたまバスの席が隣で、せっかくだから話しかけたら二人とも優しくて、見た目はちゃらいけど面白く、気を遣ってくれたりしてくれて、男女でとても楽しく過ごせた一日だったなと思いました。"楽しい"だけのスクーリングだったのではなく、きつい、不安もあるスクーリングでした。だがここまで楽しかった、よかったって思えるのは友だちや先生たちのおかげだと改めて思いました。先生方は話をきいてくれたり、自分からハグしても「おはよう」とか「がんばった、次もね」って言ってくれたり、そこが一番自分でがんばる後押しでした。自分の地元のキャンパスでの人とのコミュニケーションや自分のやりたい、やってみたい仕事について授業があったので、このスクーリングで得たものを帰ってからもいかしていきたいと思いました。


何気ない会話のなかで実は人見知りだということを教えてくれました。それを感じさせず、自ら進んで話しかけたり、誰かのやさしさに気づくことができたり、さまざまな経験をした毎日だったことでしょう。その思いを持ち帰り、さらなる飛躍を願っています。
つながる場所、つなげる場所。なりたい大人になるために。™

屋久島の自然

スクーリング履歴一覧のページに戻る