スクーリング履歴

ふりかえりレポート 「将来にいかせる発見ができました」

こんにちは。屋久島おおぞら高等学校の「おやっさん」こと小山恵介です。みなさんは屋久島スクーリングについてどんなイメージがありますか? 「楽しそう!」「不安」など、様々であると思います。今回は、実際に屋久島スクーリングを経験した生徒が現地で感じたことや学んだこと、気持ちの変化などを書いてもらう「ふりかえりレポート」を紹介します。

大阪梅田キャンパス 奥村 友亮さん
「スクーリングに行く前は、人と話すことが少なく消極的だったがスクーリングに参加して、色々な人と話すことで、自分が今まで持っていなかった考えや視点があり、話してみることで初めて相手の性格がわかったと発見が多かった。このスクーリングの経験を生かしてさらに、様々な人と交流できるようにコミュニケーション能力を伸ばしたり、様々な視点を見つけたりする。大学進学して、スクーリング以上の人と接する機会があると思うがこの経験を生かしていきたいと思う。国内だけではなく、国外の人たちとも交流できるように英語やスペイン語を話せるようになりたい。今はまだ積極的に人と話すことができないが、人と話すことによって相手のことを色々知ることができ、また自分の知らなかった面も知る機会にもなることがわかり、コミュニケーションを上げたいと思った。」

大阪梅田キャンパス 奥村 友亮さん

この文章は、9月のスクーリングで私が担任した生徒が書きました。全国各地からたくさんの生徒たちが集います。そして、「十人十色」の思いが集います。みなさんにお会いできることを心から待っています。

スクーリング履歴一覧のページに戻る