スクーリング履歴

ふりかえりレポート 「2回目だからこその新たな気付き」

みなさんこんにちは。
今回は振り返りレポートの紹介をします。
スクーリングは学年ごと、その時々で雰囲気も違い様々な思いを抱くようです。

『このスクーリングは自分にとって2回目で、1年の時に参加した時とは全く違う気持ちでこの5日間過ごしていました。
2019年の8/26から2020年の2/3までバンクーバーキャンパス生としてたくさん経験をしたことが生きて、人との関わり方や、自分が今何を大切にして時間を過ごすべきなのか、まわりの大人達は今どうしてここにいるのか、といったことを、この5日間で勉強できました。
特に担任してくださった木村先生には、私がもっと成長できるように物事が起こる理由を自分と関連付けて考えることの大切さを教わりました。前回のスクーリングよりもはるかに周りの大人の行動が自分たちの「なりたい大人像」を生み出していることにも気づけたし、1人1人の価値観を様々な出来事から吸収できました。ただ単位のためだけに屋久島で5日間を過ごすのではなく、凝縮されたプログラムを通してこれから生きていく上での大切なこと、ヒントを得た気持ちで変えることがとても達成感でいっぱいだし、来年の最後のスクーリングではまた違う点で気付けることがあるようになりたいと思います。』

様々な人との出会いから「なりたい大人像」に気付くことができるのもスクーリングの素敵なところです。
来年のスクーリングもたくさんの出会いが待っています。

屋久島の虹

スクーリング履歴一覧のページに戻る