スクーリング履歴

リレー水田2度目の収穫!!全生徒の心をつなぐ「米」

みなさん、こんにちは♪
夏の暑さも少しだけ落ち着き、本格的な秋のおとずれを待つばかりの今日この頃...

おおぞら高校では、いよいよ...待ちに待った"この日"を迎えました。

ご存知の方もいると思いますが、おおぞら高校では「リレー水田」を行っています。
実は、春から各スクーリング毎、手分けをして田んぼ作り、田植えなどを行ってきました。

これは、おおぞら高校の全校生徒で協力して自分たちの手で
米づくりをしよう、という大きな取り組みです。
この「リレー水田」に込められた思いは、単に作業を分担するのではなく
携わった全ての生徒、そしてスタッフの心を繋げて、米を作ろうというものです。

そして、8月30日にいよいよ今年度初の稲刈りとなったのでした!!

参加した生徒からは...
「協力して出来たのが楽しかった」
「稲を刈る時の道具は昔ながらのカマだったので、使うのが少し怖かったけど
慎重に出来たのでよかった」
「農家の人の気持ちがわかった、食事の大切さもこういう経験で
今まで以上に気付ける」
などなど、実際に携わっての感想がありました。

リレー水田は屋久島の地域の方々などたくさんの方の協力を得て、実現できています。
そんな方々の気持ちもリレーする事で、来年も再来年も今年以上の
お米が出来る事を願っています。

さてさて、次は脱穀作業、もちろんこれも生徒自身が手作業で行います。
こちらでも紹介をしますので、ぜひ続きを楽しみにしていてください。


みんなで行った稲刈りの様子です!

スクーリング履歴一覧のページに戻る