スクーリング履歴

生徒18名が6日間の自力航海!セイルトレーニング

11月12日(木)、生徒18名が、大阪市が所有する帆船「あこがれ」で6日間のセイルトレーニングに出航しました。

これは、厳しい自然環境の中で、全員の力を合わせてロープや帆をはり、船の清掃や調理を行うなどの航海体験を通じてチームワークやチャレンジ精神、他人を思いやる気持ちなど・・・新しい自分を発見してほしいと2006年から毎年開催しているプログラムです。

今回は、昨年も参加した提携サポート校であるKTC中央高等学院の神戸キャンパスの生徒や、新宿、大宮、立川、京都キャンパスの生徒18名が自力航海にチャレンジ!

午後2時、デッキで出港式が行われ、航海図を見ながら船長から航路や天候についての説明を受け、屋久島へ向けて出発しました。

2回目の参加で最年長の山口圭介くん(神戸キャンパス)は「去年航海が終わったときは、絶対に乗らない!・・・と思ったけど、あれから1年経ってみて、普通に生きていたらなかなか乗れないと思った。今回は6日間すべてが楽しみ。新しい発見ができたら良いと思ってます。」と話してくれました。

着岸時、登檣礼(トウショウレイ、30メートルのマストに登り、あいさつ)をする生徒の勇姿も感動の瞬間です。

航海スケジュールは→13日、紀伊水道から太平洋へ。 14日、高知県室戸岬沖へ。 15日、足摺岬西側へ。 16日、鹿児島県佐多岬へ。

11月17日(火)15:30頃、屋久島・安房港へ着岸予定です!
(2009/11/14)
自力航海チャレンジ中の帆船「あこがれ」.

スクーリング履歴一覧のページに戻る