スクーリングレポート

スクーリングレポート No.2

年に1回、世界自然遺産・屋久島で過ごす集中スクーリングでは自分を見つめ、友人や先生、そして自然と向き合うことで、自分自身の中にある「生きる力」を大きく育んでいきます。

自然の中で、スクーリングを通して大きく成長したみなさんを紹介していきます。詳しくは下記のスクーリングレポートをご覧ください。

  • ●福岡キャンパス Wさん
  •  幸せな4日間 
  • 私はもともと人と話すことが上手じゃなくて、前のところでもあまりうまくいかなくて、変な誤解とかもされたりして、人はこんなものなんだなぁとか、結局こういうふうに思われる程度の人間なんだなとか色々あきらめていました。

    ・・・全文はこちらから

    • ●東京キャンパス Tさん
    •  一歩踏み出す勇気 
    • 正直本当に行きたくないし、友達とか作りたくないって思っていました。でも、クラスの人たちはみんな優しくて私は自分のキャンパスでした人を見てみてこなかったので、新たな出会いがありました。

・・・全文はこちらから

    • ●大阪キャンパス Hさん
    •  これてよかった
    • 私はスクーリング前日まで屋久島に行きたくありませんでした。
    • 自分は人間関係が苦手だし、人が嫌いだしすごくこわかったからです。

・・・全文はこちらから

  • ●熊本キャンパス Yさん
  •  とにかく楽しかった!
  • アウトドアでいろんな自然にふれて、地元では体験できないようなこともできてすごく楽しかったです。
    先生方と仲良くなれて、たくさん笑ってすごくおもしろかったです。

    ・・・全文はこちらから

  • ●立川キャンパス Tさん
  •  コミュニケーションへの「足がかり」 
  • 私には将来の夢があります。その夢に対して私はやはりコミュニケーション能力が必要不可欠なんだろうと思っていました。 
    しかし、私にはその能力が欠如しており、苦労するかもしれないと考えていました。

    ・・・全文はこちらから

  • ●柏キャンパス Hさん
  •  ひとつ、ひとつに意味がある 
  •  初日は熱を出すし、なかなかみんなと話しかけられなかったりして、やっていけるか心配でした。だけど、部屋の子達とも仲良くなれたり、同じクラスの女の子と仲良くなれたりだんだんと生活しやすくなり楽しくなってきました。

    ・・・全文はこちらから

     

スクーリングレポート一覧のページに戻る