スクーリングレポート

スクーリングレポート No.13

年に1回、世界自然遺産・屋久島で過ごす集中スクーリングでは自分を見つめ、友人や先生、そして自然と向き合うことで、自分自身の中にある「生きる力」を大きく育んでいきます。

自然の中で、スクーリングを通して大きく成長したみなさんを紹介していきます。詳しくは下記のスクーリングレポートをご覧ください。

  • ●柏キャンパス 清村 りりかさん
  •  人生の中で、強く印象に残る体験 
  • 私は、今回はじめて屋久島のスクーリングに参加しました。どんなことがあるのか雰囲気はどんな感じかとても不安でした。私の部屋は4人ともそれぞれ違うキャンパスの人でしたが、他の高校にはないような出会いを感じました。

    ・・・全文はこちらから

  • ●Fさん
  •  何事も積極的に
  • 初めてのスクーリングは不安でいっぱいでした。飛行機の中で何回も「帰りたい」と思いましたが、そこで考えを変えて「これは自分への挑戦なんだ」と思うようにしました。

    ・・・全文はこちらから

  • ●Oさん
  •  「自分」とは何かを考えさせられた
  • 最初にスクーリングに来たときは同じクラスの人でもどのように話しかければよいかわからなかったけど、話すことができたときには人とのつながりは生きていく上でとても重要だと思いました。

    ・・・全文はこちらから

  • ●立川キャンパス 野田 悠生さん
  •  2回目のスクーリング
  • 今回、屋久島スクーリング2回目になりました。中には1回目の人もけっこういて、もしかしたら前回の内容と同じようなものになるんじゃないかと心配していました。それ以上にまず、他の生徒と普通にしゃべることができるのかという点がもっと心配でした。

    ・・・全文はこちらから

  • ●厚木キャンパス 宮城 綾香さん
  •  最後のスクーリング
  • 今年は、あたしにとって最後のスクーリングでした。高校に入ってから毎年当たり前のようにスクーリングに行ってたから、今回で本当に最後って思うと正直すごくさみしいです。1年生の時は知らない人ばっかりのところに行くなんてイヤだって思ってスクーリングに参加しました。

    ・・・全文はこちらから

スクーリングレポート一覧のページに戻る