スクーリングレポート

スクーリングレポート No.11

年に1回、世界自然遺産・屋久島で過ごす集中スクーリングでは自分を見つめ、友人や先生、そして自然と向き合うことで、自分自身の中にある「生きる力」を大きく育んでいきます。

自然の中で、スクーリングを通して大きく成長したみなさんを紹介していきます。詳しくは下記のスクーリングレポートをご覧ください。

  • ●小倉キャンパス 島尻 佳凛さん
  •  数多くの宝を得られた 
  • 初めてこの屋久島大空高等学校本校に足を踏み入れた時、周囲の人々全てが自分にとっての未知であり、とても不安でいっぱいでありました。しかし二日目のチームビルディングでの協力や助け合いを経て、自分と人との気付きを得て、人との繋がり方を学べました。

    ・・・全文はこちらから

      • ●小倉キャンパス 福田 祐亮さん
      •  人との関わりは楽しい!
      • 私は将来、教師になりたいと思っています。今回このスクーリングに来て思ったことは、人と関わることって楽しいなということです。一日目の移動日、新幹線に乗ると周りは知らない人ばかり、すぐに帰りたいなと思いましたが、卒業するために行かなければという思いでいっぱいでした。

・・・全文はこちらから

      • ●大阪キャンパス 栗本 真実さん
      •  もう一度夢に向かってみようと思えた
      • 集団生活なので、行動も制限されるし、時間も全部きめられているし、自由時間も別に本当に自由な訳じゃなかったけど、その中でみんなと一緒に生活したのもまぁ楽しかったです。いろんな地区の人と知り合えて、話したりできて良かったです!

・・・全文はこちらから

      • ●大宮キャンパス 五十嵐 果歩さん
      •  一生忘れられない素敵な思い出
      • スクーリングに来る前は、楽しみという気持よりも不安の方が強くて心配でした。屋久島に着いてからも友達はできるのかとか色々不安はありました。だけど2日目からクラスでのチームビルディングで自然と楽しめている自分がいました。協力し合ってできた喜びはとても久しぶりに味わったもので感動しました。

・・・全文はこちらから

      • ●東京キャンパス 鈴木 莉奈さん
      •  お互いがお互いを尊重すること
      • この日はすごく嫌いな日でした。理由はただ屋久島に行きたくなかったから。初めは屋久島に行って何が変わる?とか思っていました。しかし!!屋久島に来てたったの五日の間にこんなにも気持ちが変わるとは思ってなかった!

・・・全文はこちらから

スクーリングレポート一覧のページに戻る