スクーリングレポート

スクーリング参加者の声No.12

スクーリングに参加した生徒の皆さんからのレポートが届きました。みんなが何を感じ、学び、成長してきたのか。その様子を紹介したいと思います!

●小倉キャンパス Hさん

スクーリングレポート

スクーリング初日、不安と楽しみの半分ずつくらいでした。1日目は、とにかく移動ばかりで大変だったし、正直疲れました。屋久島に着いてからも人はたくさんいるし、知らない人たちばかりで不安はより大きくなりました。

だけど、2日目にグループのみんなと協力して楽しくゲームをすることができました。みんなと仲良くなり、楽しくてしょうがなくなりました。アウトドアでも海や砂浜でみんなと貝を拾ったり、魚を網で捕ったりして普段はあまりしないことができて楽しかったです。屋久島の先生たちも優しいし、楽しくて面白い人ばかりだったので、いいスクーリングになったかなと思いました。最初は不安だったけれど、最終的には楽しく過ごすことができたのでよかったです。

●柏キャンパス 岡野 遥香さん

スクーリングレポートこのスクーリングでは、同じ歳や同じ視点を持った人だけではなく、年上の人やまったく違う視点を持った人にもたくさん出会いました。そのような人たちとの話は勉強になったし、考え方って難しいなと思いました。今はまだそのような人たちと自分がどう関わってくるかわからないけど、良い方向で関わっていけたらいいなと思います。

この4泊5日で楽しいことも辛いこともありました。でも、普段目をそらしてしまう、辛いことを頑張ることも大切なんじゃないかと今は考えています。スクーリングで考え、学んだことをいかして生活したいなと思います。

●姫路キャンパス 稲田 愛美さん

スクーリングレポート屋久島に行く前は同じキャンパスから4人行くと聞いていたけど、誰とも面識がなくて、行くのが本当に嫌でした。でも実際行ってみると、初対面なのに全然しゃべることができました。他のキャンパスの子や先生にも「初対面やねん」っていったらみんなすごく驚いていました。

アウトドアでは海に行ってジャンプしている写真をたくさん撮ったし、他のキャンパスの子としゃべってはしゃいだり、「青春!!」っていうのをすごく感じることができました。コミュニケーションをとるのは大変だったけど、クラス全員としゃべれたし、プログラムやラストチャレンジでより仲良くなれました。3泊4日はすごく短くて、また屋久島に行きたいと思いました。

スクーリングレポート一覧のページに戻る