スクーリングレポート

スクーリングレポート No.9

年に1回、世界自然遺産・屋久島で過ごす集中スクーリングでは自分を見つめ、友人や先生、そして自然と向き合うことで、自分自身の中にある「生きる力」を大きく育んでいきます。

自然の中で、スクーリングを通して大きく成長したみなさんを紹介していきます。詳しくは下記のスクーリングレポートをご覧ください。

  • ●福岡キャンパス Hさん
  •  今までの自分より強くなれた 
  • 3回目の最後のスクーリングを終えて、最初の頃の自分よりも強くなった気がします。今までの生活の中では嫌なことは避けて逃げてきた自分ですが、スクーリングでは辛いきついことから逃げずやり遂げたことで、自分自身強くなったしこれから何かをやっていく上での自信になると思います。

    ・・・全文はこちらから

      • ●大宮キャンパス 濱田 明日美さん
      •  最後まで参加できてよかった
      • 私は今回のスクーリングが2度目で、最後のスクーリングでした。初めてスクーリングに来た時は、体調を崩していて、最初から最後まで全ての授業に参加することはできませんでした。その時に、「最後まで出たかった」と思っていましたが、今回のスクーリングでは最初から最後まで全ての授業に元気に出席できてよかったです。

・・・全文はこちらから

      • ●松山キャンパス 尾形 勇樹さん
      •  どんな状況でも頑張りたい
      • スクーリング初めの頃は、不安しかなかった。知り合いの少ない所では消極的になりやすい所があり、今回も最初の方はあんまり喋ることが出来なかった。でも、周りから話しかけてくれて、同じキャンパスの人とも仲良くなり、少し頑張れた気がします。

・・・全文はこちらから

      • ●高崎キャンパス 石戸谷 照美さん
      •  学ぶ事がたくさんあった屋久島
      • 屋久島に行く前までは、行きたくなくて仕方ありませんでした。移動時間も長いし、自分の自由時間も当然なくなるので不安な気持ちもありましたが、1日、2日と過ぎて行くうちに徐々に慣れました。クラスで集まるのが最初は嫌でしたがそんな気持ちも無くなり、一緒にいるのが当たり前な様な感じになりました。

・・・全文はこちらから

      • ●新潟キャンパス Hさん
      •  「高校生活」を本当に楽しめた
      • 今回の屋久島スクーリングは、初めは高校を卒業するためのものとして来ましたが、今になって思うと、すごく自分にとってなくした心のすきまを埋めていく大切な日々になりました。私は屋久島に来るまで、ずっとさみしさを感じていました。

        ・・・全文はこちらから

    スクーリングレポート一覧のページに戻る