スクーリングレポート

スクーリングレポート No.8

年に1回、世界自然遺産・屋久島で過ごす集中スクーリングでは自分を見つめ、友人や先生、そして自然と向き合うことで、自分自身の中にある「生きる力」を大きく育んでいきます。

自然の中で、スクーリングを通して大きく成長したみなさんを紹介していきます。詳しくは下記のスクーリングレポートをご覧ください。

  • ●熊本キャンパス 東野 成浩さん
  •  コミュニケーションへの意識 
  • 私は今回のスクーリングでコミュニケーションを強く意識しました。今回のスクーリングは二度目だったのですが、一度目の時はもう少しにぎやかで今回クラスで集まって、初めて人の違いを強く感じました。

    ・・・全文はこちらから

      • ●大宮キャンパス 宇賀神 柚月さん
      •  頑張ったこと、変わったこと
      • 今回のスクーリングに参加して、私自身、頑張ったな、変わったなと思った事がいくつかあります。まず、頑張ったと思った事はスクーリングに参加した事です。

・・・全文はこちらから

      • ●東京キャンパス 篠田 優衣さん
      •  苦手を少し克服
      • 初めてのスクーリングで初めてのことばかりで不安だらけだったけれど、実際に屋久島に来て生活してみて、来る前に感じていた不安はなくなりました。私は、人見知りをしてしまうのでクラスになじめるのか、みんなと仲良くやっていけるのかと思っていたけど、"チームビルディング"やクラスの時間を通してみんなの前で自己紹介したり、みんなで協力して活動することをしてすぐになじめたのがうれしかった。

・・・全文はこちらから

      • ●広島キャンパス 櫛橋 香菜さん
      •  自分を見つめるいい機会になった
      • 私は3回目のスクーリングでした。3回目でも自然をまだまだたくさん感じる事ができました。人との関わりも、最初は「ちゃんと話しかけてくれるかな」とか「一人ぼっちにならないかな」とかたくさん不安がありました。でも男女関係なく話したり協力してチームビルディングをすることができました。

・・・全文はこちらから

      • ●岡山キャンパス 辻 萌佳さん
      •  目を合わせて話せた自分
      • 最初は初めてのスクーリングで緊張したし、とても不安でした。でも、先生方がとても温かく迎えてくださって、たくさん声をかけてもらえたのですごく嬉しかったです。

        ・・・全文はこちらから

    スクーリングレポート一覧のページに戻る