スクーリングレポート

スクーリングレポート No.5

年に1回、世界自然遺産・屋久島で過ごす集中スクーリングでは自分を見つめ、友人や先生、そして自然と向き合うことで、自分自身の中にある「生きる力」を大きく育んでいきます。

自然の中で、スクーリングを通して大きく成長したみなさんを紹介していきます。詳しくは下記のスクーリングレポートをご覧ください。

  • ●大阪キャンパス 大東 穂香さん
  •  「さよなら」が寂しい時間 
  • 初めは屋久島に行くのがすごくイヤでした。友達と一緒じゃないし1人だったので友達が出来るのかも不安でした。飛行機も怖いし屋久島に行くのもイヤだし、すごくゆううつだったけど、おなじ部屋の子と仲良くなってすこし気持ちが変わって前向きになってこれからの4日間ガンバろう!!と思ってからが、すごく楽しくてなって1人じゃないって思えました。

    ・・・全文はこちらから

    • ●大阪キャンパス 木村 毬乃さん
    •  10代の自分 
    • 2日目からは友達とも離れ、色んな都道府県の子達とチームになり、ゲームをしました。私たちの班は皆それぞれ男女関係なく、ゲームに取り組みとっても楽しかったです。今回、私は屋久島に来るのは初めてでしたが、普段の忙しい毎日を忘れ久しぶりに10代の自分で居ることができました。

・・・全文はこちらから

    • ●仙台キャンパス Mさん
    •  あきらめない努力を身につけたい
    • 今回チームビルディングなどでコミュニケーションに必要なのは相手のことを思ってあげ、しっかり話を聞くことだと思いました。それもただ聞くだけではなく相手の顔か動作を見てどう考えているのかを把握しておくのも大切だと感じました。

・・・全文はこちらから

    • ●宇都宮キャンパス 阿久津 瑞さん
    •  夢を叶えて再び屋久島へ
    • 私は3年生で今年が最後のスクーリングでした。今回は3泊4日の短い期間だったため、前回よりもずっと忙しく感じられました。しかし、期間が少なかった分とても濃く充実した時間を過ごすことができました。

・・・全文はこちらから

  • ●姫路キャンパス 西田 優香さん
  •  最高の思い出ができた 
  • 今回は2回目のスクーリングで1回目の時より部屋人とも周りの人とも仲良くなれて来るたびに全国の色んな人たちと関わることができて面白いし、楽しかった。アウトドアは前と同じコースだったけど、滝とかは何回見ても迫力があってすごかった。

    ・・・全文はこちらから

スクーリングレポート一覧のページに戻る