スクーリングレポート

ウミガメスクーリングレポート No.4

年に1回、世界自然遺産・屋久島で過ごす集中スクーリングでは自分を見つめ、友人や先生、そして自然と向き合うことで、自分自身の中にある「生きる力」を大きく育んでいきます。

自然の中で、スクーリングを通して大きく成長したみなさんを紹介していきます。詳しくは下記のスクーリングレポートをご覧ください。

ウミガメスクーリング

  • ●岡山キャンパス 赤松 笙太さん
  •  ウミガメとのふれあい
  • メインイベントのウミガメボランティアは非常に貴重な体験になりました。ウミガメとのふれあいもさることながら、タグを調べることによるウミガメの個体調査やタグが無いウミガメへのタグ注射を見ることができたりと、普段知ることのできないボランティアの活動を間近に感じることができました。

    ・・・全文はこちらから

  • ●名古屋キャンパス 後藤 憲哉さん
  •  生命の大切さ
  • スクーリングに参加するとき、最初は友達ができるか不安だったけど、だんだん仲良くなれてすごく楽しかったです。今回はウミガメスクーリングだったので夜中起きていられるか、うまくできるか不安でした。

    ・・・全文はこちらから

  • ●大阪キャンパス 辻野 知恵さん
  •  "生命"を意識する
  • 大阪に居ると"生命"なんてあまり改めて意識することはないですがこれからは少し意識することで、人にも自分に温かくなれる気がします。KTCを選んで、屋久島おおぞら高等学校に来れて良かったと、今やっと思えました。

    ・・・全文はこちらから

スクーリングレポート一覧のページに戻る