スクーリングレポート

スクーリング参加者の声No.3

スクーリングに参加した生徒の皆さんからのレポートが届きました。みんなが何を感じ、学び、成長してきたのか。その様子を紹介したいと思います!

●京都キャンパス 藤澤 智弥さん

生徒の声5僕にとっては三回目のスクーリングでしたが、今回のスクーリングが一番過ごしやすかったです。それは、周りのみんなが優しかったからだと思います。

ですが、僕はスクーリングが苦手でした。初めはチームビルディングの意味が分からず、こんなことをやって何の意味があるのだろうと思っていました。けれど、今年から社会に出てその必要さを感じることができました。だからみんなも社会に出たときに意味が分かると思います。

最後に、仲良くしてくれた京都キャンパスの仲間には本当に感謝しています。ありがと!!

●浜松キャンパス 森田 和さん

生徒の声6初めてのスクーリングでどのような場所で、どのような内容で、どのような活動をして、どのような人たちがいるか不安でした。そんな中、行きの飛行機が天候不良とレーダーの故障で鹿児島に引き返すことになり、最寄りのホテルで一泊しました。このイレギュラーな事態で朝から移動して2日目からのスクーリングになってしまいました。

しかし、タイトなスケジュールで忙しく動く中で、他のキャンパスから来た仲間と交流し絆を深めることができたと思います。こうやって自分たちが楽しく活動できたのも、ひとえに裏でサポートをしてれた先生たち、屋久島まで送ってくれた人たち、厨房で美味しいご飯を作ってくれた人たちが支えてくれたからだと思います。

スクーリングレポート一覧のページに戻る