屋久島News 「屋久島なう」

雨が多いからこそ出会える姿

こんにちは!屋久島おおぞら高等学校の尾﨑洸太(ザッキー)です。

屋久島は1か月に35日雨が降ると言われるほど日本でいちばん雨が多い場所です。
雨季の時期になると太陽がとても恋しくなります。

ですが、雨が多いからこそ神秘的な姿に出会えることがあります。

 

屋久島の滝と霧

 

大川の滝は、雨が降った翌日に行くと、水量が増して迫力があります。花之江河は、霧が出ていると幻想的な空間とカエルや鳥の鳴き声が響き渡り、異世界に来たような気分になります。

こういう体験はひとりでももちろん味わえますが、誰かとシェアすることでよりその感動が深まります。スクーリングでは、色々な場所からくる生徒達と出会い、様々な体験を共有することができます。

屋久島は自然の力を五感で感じられる場所がたくさんあります。みなさんもぜひ、いろんな出会いを楽しみつつ、共に屋久島の自然を感じてみませんか。

屋久島News 「屋久島なう」一覧のページに戻る