屋久島News 「屋久島なう」

「いのち」を繋ぐ研修

屋久島スタッフ12名で、いざという時にとっさに判断して適切な手当てや処置ができるように野外救命講習を行いました。

今回は、Wilderness Medical Associates Japan(ウィルダネス メディカル アソシエイツ ジャパン)から講師の方をお招きし、講習を行っていただきました。

室内で理論を学んだ後、野外に出て、傷病者(ケガ人・病人)役と救助者役に別れ、その場に居合わせたときにどういった手当てをするのかをリアルな現場で実習しました。

野外救命講習を行いました。

講習を受けたスタッフは全員試験をクリアし、修了資格をゲットしました。
生徒が安全に、安心して、スクーリングに挑戦できるよう、屋久島スタッフはいつでも準備万端です!

屋久島News 「屋久島なう」一覧のページに戻る