屋久島News 「屋久島なう」

屋久島の黄色い花

みなさん、こんにちは、めっきり肌寒くなってきましたね。

ここ屋久島では、冬から春にかけて黄色い花が目立ちます。本日はそんな見ているだけでハッピーになれそうな黄色い花たちをご紹介します。

1. ツワブキ
大きさは5cm前後で、11月以降から4月ごろにかけて屋久島全域で咲き始めます。茎は食用になり、島ではよく食卓に並ぶほど非常に親しみのある花です。時期によっては屋久島のスーパーで、パックで売っています。

ツワブキ

2. 冬のヒマワリ
屋久島南部では、冬でもヒマワリが見られます!スクーリングのアウトドアで訪れる場所のひとつである、農園「センバスビレッジ」へ続く道でこのヒマワリは見られます。

ヒマワリ

3. キクの仲間(名称不明)
自然豊かな屋久島では、固有種もたくさんあり、図鑑に載っている似たような花でも、葉や花びらの形が微妙に違っていたりします。

キクきれいな花を見ると元気になりますね。みなさんも屋久島に来た際は、ぜひお気に入りの花を見つけてみてくださいね。

屋久島News 「屋久島なう」一覧のページに戻る