屋久島News 「屋久島なう」

平成27年度第2回ウミガメスクーリング

6月20日~23日で今年度2回目となる、ウミガメ朝までボランティアが実施されました。第1回のウミガメ朝までボランティアは、どんなボランティアをしたのかをご紹介したので、今回は生徒の皆さんがどういう気持ちでこのボランティアに参加したのかをご紹介したいと思います。

ボランティア中の感想は「ウミガメが産んだ卵の殻が柔らかく、取り出す作業がとても緊張した」、「卵を産む親ガメの大変さを感じた」、「実際に体験しないと分からないことが知れた」などボランティアに参加する前よりもウミガメに関して興味が湧き、参加した生徒は充実した時間を過ごしました。

平成27年度第2回ウミガメ朝までボランティアの様子

参加した生徒の皆さんはこのような貴重な体験が出来た事に関して、「高校生活で一つ胸が張れるようなことができた」、「受験で不安な気持ちになることもあるけど、そんな時に今回の体験を思い出して、夢に向かって前進していきたい」と話し、それぞれこのウミガメ朝までボランティアで感じたことを今後に活かしたいという気持ちであふれていました。

平成27年度第2回ウミガメ朝までボランティア

屋久島News 「屋久島なう」一覧のページに戻る