屋久島News 「屋久島なう」

おおぞら高校卒業生の深町先生

深町先生

おおぞら高校の卒業生、深町宣人(ふかまちのぶと)先生にインタビュー!!

○どのような高校生でしたか?
・友だちの前ではひょうきんで、知らない人の前では恥かしくて何も言えなくなる真面目でおとなしい男の子でした。

○屋久島おおぞら高校のいいところは何ですか?
・様々な個性を持った先生・生徒がいるところです。また、その個性を受け入れて、近くに居てくれる存在が多くいるところです。
・コミュニケーションについて、生きることについて考えられるところです。
・その人、その人に合った指導ができるところです。

○教師になろうと思ったきっかけは何ですか?
・入学した高校の先生となかなかうまくいかず、「僕が良い先生になって、僕みたいな思いをしている生徒に寄り添ってあげたい。」という思いが教師を目指したきっかけです。その後、人間関係にも思い悩み、2年半引きこもりをしました。それから、KTC中央高等学院、屋久島おおぞら高校に出会いました。そこで出会った先生が、現在の僕の目標になっています。なので、「教師になる時は、絶対KTCの先生になりたい!」としか考えていませんでした。

○夢をかなえるために努力したこと、心がけたことはありますか?
・自分磨きです。毎日毎日小さな目標を立て、達成のための努力をする。それを4年間続けました。人の前にたって話をするのも、勉強をするのも苦手で、全てが0からの出発でした。今でも目標を立て、少しでも成長しようと努力を続けています。

○みなさんへのメッセージ
・焦らず、ゆっくり、自分のペースで一緒に進みましょう。
 あなたらしさを知るきっかけが、屋久島おおぞら高校です。

屋久島News 「屋久島なう」一覧のページに戻る